川崎市中原区市ノ坪-武蔵小杉駅の内科は武蔵小杉平沼クリニック|内視鏡検査

神奈川県川崎市中原区市ノ坪26
Tel:044-712-0301

ご予約お問合わせはこちら044-712-0301

内視鏡検査について武蔵小杉の消化器内科「武蔵小杉平沼クリニック」のservices

食道・胃・十二指腸・大腸などの消化器系臓器の診療を
行います。
腹部の不快感、腹痛、便通異常、血便等の症状の原因を
調べ、適切な治療を行います。

上部・下部内視鏡検査を行う際は、痛みや負担の少ない
内視鏡検査を心がけておりますので、ぜひお気軽にご相
談ください。

また腹部超音波検査にて、肝臓・胆のう・膵臓・腎臓等の検査も行っています。

内視鏡検査をお受けいただきたい症状
  • 便秘・下痢がちになってきた
  • 便が細くなってきた
  • 腹部の不快感
  • 健診に引っかかった(要精密検査)
  • 腹痛
  • 嘔吐・吐き気
  • 胃の不快感
  • 胸焼け
  • 胸やのどがつかえる感じ
  • 便の色が黒い
  • 血便がでる

このような症状がございましたら、
一度お早めに内視鏡検査をすることをおすすめいたします。
お気軽にご相談ください。

上部内視鏡(胃カメラ)検査

上部内視鏡(胃カメラ)検査

上部内視鏡検査では、先端にカメラのついた内視鏡を口から挿入し、モニターを見ながら食道・胃・十二指腸をリアルタイムで観察します。
病変がみられる場合は、組織の一部を採取し顕微鏡での詳しい検査(生検)や、胃がん、胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎の原因とされるピロリ菌をお調べすることも可能です。(内服薬等によりご要望にお応えできない場合があります。)

上部内視鏡検査の必要性

日本では胃がんの罹患者が多いこともあり、早期発見・早期治療のための検査技術が進んでいます。
胃がんは早期発見が肝心です。内視鏡検査で早期に発見することができれば内視鏡による摘出手術ができる可能性がありますので、内視鏡検査を受けていただくことをおすすめいたします。
バリウム検査という方法もありますが、内視鏡検査はカメラで直腸・食道・十二指腸を観察することができるため、現状では最も良い検査といえます。
早期発見のためにも、内視鏡検査を定期的にお受けいただくことが大切です。
また、自覚症状が出た場合は、進行がんが見つかることも多いため、自覚症状が無くても上部内視鏡検査を受けましょう。

検査で分かること

食道がん/逆流性食道炎/ピロリ菌感染/慢性胃炎/胃潰瘍/胃がん/胃ポリープ/十二指腸潰瘍など

検査前の注意点

内視鏡検査を行う前に下記のことに注意しましょう。

検査前日

  • ・夕食は軽めに摂りましょう。
  • ・21時以降のお食事は控えましょう。(お水・白湯はOK)
    ※血液をサラサラにするお薬を服用されている方は、診察時の医師の指示により、休薬していただくことがございます。

検査当日

  • ・食事、たばこ、お薬などは控えてください。
    ※普段から服用しているお薬によっては、医師の指示により、当日の朝に服用していただく場合があります。
  • ・水分は摂っていただいて結構です。(水・白湯のみ)
  • ・検査前に入れ歯、時計、めがね等を外していただきます。
  • ・お化粧をされている方は口紅を落としてください。

上部内視鏡検査(経口挿入)の流れ

白い液状の薬(消泡剤)を飲みます。

のどの麻酔薬をしばらくのどにため、その後ゆっくりと飲み干します。

のどにスプレータイプの麻酔をします。

検査台の上に横になります。この時、体の左側を下になるようにします。
※胃の運動を止める薬や、ご希望の方には鎮痛剤・鎮静剤を静脈注射し、苦痛を伴わない検査をいたします。

口にマウスピースをはめて、そこから検査をスタートします。
モニターに映る食道や胃、十二指腸の隅々まで観察し、異常がないかを診断します。
5~10分程度で検査は終了します。

検査が終わりましたら、リカバリールームにてお休みいただきます。

ゆっくりお休みいただいた後に、撮影した画像をお見せしながら検査結果をご説明いたします。

内視鏡治療シーン

検査後の注意点

  • ・飲食は原則1時間後から可能ですが、組織の一部を採取(生検)した際や、やピロリ菌検査を行った場合は2時間後から可能です。
  • ・鎮痛剤・鎮静剤を使用した方の場合は、当日の車、バイク、自転車の運転はなさらないでください。
  • ・組織の採取(生検)をした場合は当日の激しい運動や刺激物の摂取は避けてください。

下部内視鏡(大腸カメラ)検査

下部内視鏡(大腸カメラ)検査

下部内視鏡検査では、スコープを肛門より挿入し、直腸から盲腸、回盲部(小腸の出口)の大腸全域を観察します。健康診断で行われている大腸がん検診の「便潜血検査」で陽性となった場合に、次の検査方法として下部内視鏡検査をおすすめいたします。
バリウム検査と比較して、内視鏡検査では直接観察をすることで、精度も上がり、なおかつポリープがあった場合、その場で治療をすることが可能です。
この下部内視鏡検査を行うことで詳しい大腸の状態を確認することができ、大腸の異常に逸早く気付くことができます。

下部内視鏡検査の必要性

大腸がんの罹患数はここ30年で約6倍に増加し、女性のがん死亡原因の第1位、男性では第3位となっています。大腸がんは進行するまでほとんど自覚症状がなく、健康診断の便潜血検査で陰性の場合でも大腸ポリープや大腸がんの存在を完全に否定することはできません。下部内視鏡検査を定期的に行うことで、大腸を詳しく観察することができ、病変の早期発見・治療を行うことが可能となります。特に、大腸ポリープの状態で発見し、内視鏡的切除を行えば進行大腸がんの予防にもなります。当院では発見後その場で治療(ポリープ切除)することにより、患者様の時間的・経済的負担を少なくするように努めております。
(内服薬やポリープの大きさ、形等によりご要望にお応えできない場合があります)

検査で分かること

大腸がん / 大腸ポリープ / 大腸憩室 / 潰瘍性大腸炎 / クローン病 /
虚血性腸炎 / 痔などの肛門疾患等

検査前の注意点

内視鏡検査を行う前に下記のことに注意しましょう。

検査当日にポリープ切除をご希望される方は、検査後1週間は飲酒、運動、遠方への出張やご旅行、腹圧をかけるお仕事を避けていただいておりますので、ご注意ください。

検査前日

  • ・検査日の2~3日前から食事制限があります。
  • ・食事は前日の20時までの消化に良いものを摂るようにしましょう。
  • ・検査をお受けになられる方1人ひとりに合わせて、前日から下剤を服用していただくことがあります。処方いたしますので、指示通りに内服ください。

検査当日

  • ・食事、たばこ、お薬などは控えてください。
    ※普段から服用しているお薬によっては、医師の指示により、当日の朝に服用していただく場合があります。
  • ・当日ご自宅にて2リットルのお水に溶かした下剤(洗腸剤)を服用していただきます。
  • ・適宜水分は摂っていただいて結構です。(水・白湯のみ)
  • ・検査着に着替えますので、着替えやすい服装でご来院ください。

下部内視鏡検査の流れ

当日ご自宅にて2リットルのお水に溶かした下剤(洗腸剤)を約2時間かけて服用していただきます。
飲み始めて3時間くらいの間は洗腸剤の効果により何度か便意をもよおし、腸の中がきれいになります。 ※固形物が混ざっていない黄色い液体になりましたら検査可能となります。

検査着と紙パンツに着替えていただき、検査室へ移動します。

検査台の上に横になります。

検査を始める前に腸の運動を止める薬やご希望の方には鎮痛剤・鎮静剤の静脈注射を行います。
※鎮痛剤・鎮静剤を投与すれば検査中の痛みはほとんどありません。

肛門から内視鏡を挿入し、モニターで大腸内の隅々まで観察します。
検査にかかるお時間は15分前後で、ポリープを切除をする場合は30分程度となります。

検査が終わりましたら、リカバリールームにてお休みいただきます。

ゆっくりお休みいただいた後に、撮影した画像をお見せしながら検査結果をご説明いたします。
ポリープ切除術や組織の採取(生検)を行ったときには後日ご説明いたします。

検査後の注意点

  • ・飲食は原則1時間後から可能ですが、ポリープ切除を行った場合は食事制限があります。
  • ・鎮痛剤・鎮静剤を使用した方の場合は、当日の車、バイク、自転車の運転はなさらないでください。
  • ・ポリープ切除をした場合は、当日のお風呂はシャワー程度にし、激しい運動は避けてください。
平沼クリニックの3つの特長

01鎮静剤を使用した苦痛の少ない検査

鎮静剤を使用した苦痛の少ない検査

「内視鏡検査がとにかく苦手」「苦しいし痛い」と、内視鏡検査を避けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
鎮静法は、鎮静剤や鎮痛剤を用いて静脈麻酔を行うため、「もう終わったの?」と患者様が驚いてしまうほどあっという間に検査が終わります。
とにかく苦痛を少なく、安心して内視鏡検査ができるクリニックでありたいと思っておりますので、検査を受けたことが無い方、少しでも楽に検査を受けたいという方、今まで検査が辛かったという方も是非一度、検査にお越しください。

02日帰り手術OK!

日帰り手術OK!

内視鏡検査を行い、リアルタイムで異常が見つかったとしても、治療や切除がすぐできなければ不安が残ってしまいますよね。
当院では万が一内視鏡検査でポリープが見つかった場合でも、ご希望の方には検査当日に切除手術を行うことができ、お忙しい方や通院が難しい方でも安心です。
胃や腸に不調を感じる方は早期発見・早期治療のためにお早めにご来院ください。
(※症状や内服薬などによりご要望にお応えできない場合がありますのでご了承ください。)

※お仕事などで平日のご来院が難しい方も、土曜日の午前・午後も検査・治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

03豊富な経験を持つ専門医が担当いたします。

女性医師・女性スタッフによる検査

内視鏡検査は熟練した医師が行えば、苦しい検査ではございません。
当院では、胃カメラ・大腸カメラ合わせて2万件という豊富な経験を持ち、日本消化器内視鏡学会から専門医の認定を受けた医師が検査を担当いたします。
恥ずかしいという方や、ご不安を抱かれている方も、患者様への思いやりと優しさを持って検査にあたりますので安心してご来院ください。
ほんの少し勇気を出すことで、がんやポリープを早期に見つけられる可能性があります。

内視鏡検査をお考えの方、健康診断で再検査が必要になってしまった方、お体のことが心配な方など、ご相談だけでも結構ですので、お気軽にお問合せください。